ボルトの締め付けトルク表

ボルトの最高締め付けトルク表
強度区分 6.9 8.8 10.9 12.9
最小破断強度 600N/mm² 800N/mm² 1,000N/mm² 1,200N/mm²
材質の例 S 35C SCM 435 SCM 440 SNCM 630
ボルト径 ナット対辺 締付トルク値 (単位:Nm)
M 14 22mm 120Nm 140Nm 190Nm 240Nm
M 16 24 180 210 300 360
M 18 27 250 290 410 490
M 20 30 380 410 580 700
M 22 32 470 560 780 940
M 24 36 600 710 1,000 1,200
M 27 41 890 1,050 1,480 1,780
M 30 46 1,210 1,420 2,010 2,400
M 33 50 1,630 1,930 2,720 3,270
M 36 55 2,100 2,480 3,490 4,200
M 39 60 2,720 3,230 4,530 5,440
M 42 65 3,360 3,990 5,610 6,730
M 45 70 4,210 4,990 7,010 8,410
M 48 75 5,080 6,020 8,470 10,150
M 52 80 6,540 7,750 10,890 13,090
M 56 85 8,150 9,650 13,580 16,280
M 60 90 10,100 11,960 16,870 20,200
M 64 95 12,160 14,420 20,300 24,320
M 68 100 14.860 17,620 24,770 29,730
M 72 105 17,790 21,080 29,650 35,580
M 76 110 20,170 24,970 35,120 42,140
M 80 115 24,730 29,310 41,220 49,470
M 90 130 35,880 42,530 59,800 71,760
M 100 145 49,950 59,200 83,250 99,900
  • 表のトルク値はボルトの降伏点の90%値です。最高限度に近い値ですので、表の数値より余裕を持った低めのトルクで
    ボルトを締める事をお勧めします。
  • この表は、対象ボルトの締め付けトルクがよく分からない場合に「最高限度値」として使用して下さい。
    対象ボルトの装置設計者やメーカーの規定がある場合は、その規定トルク値を使用して下さい。
  • 特にフランジにガスケットやパッキンがある場合は、表のトルク値より遥かに小さくなります。
    必ずガスケットメーカーに適切なトルク値を確認して下さい。
  • 摩擦係数は0.14(=潤滑油が塗布されていない新品ボルト/ナット)に対する値です。 潤滑油が塗布されている場合には
    (小さなトルク値で大きな軸力を発生するので)、表の数値よりも小さい値になりますので注意して下さい。
  • 表のトルク値でボルトを締め付けて、万一トラブルが起きても当社では責任を負う事は出来ません。
ページ先頭へ